不動産トラブルのプロがアドバイス!離婚時の不動産 トラブル解決指南書 » こんな時はどうすればいい?離婚による不動産トラブル解消コラム

こんな時はどうすればいい?離婚による不動産トラブル解消コラム

このサイトは 「一般社団法人不動産あんしん相談室」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

離婚時に、不動産にまつわるトラブルが発生する頻度は少なくありません。ここでは、離婚の際によくある不動産トラブルと、その解決方法について紹介します。

Index

住宅ローンが残っている夫名義の家に、離婚後も子どもと住み続けたい

離婚時に多いのが、元妻と子どもが自宅に住み続けて、元夫が慰謝料や養育費の代わりに住宅ローンを支払い続けるというパターンです。このケースでは、元夫が住宅ローンを滞納してしまうと、元妻と子どもはその家を退去せざるを得ない状況になることも。そのようなリスクを避ける方法について紹介します。

離婚して、住宅ローンを滞納するとどうなる?

離婚後、住宅ローンを滞納し、そのまま放置していると、やがて自宅は競売にかけられます。競売が実行されると裁判所の権限で退去命令が出され、その家から出ていかなければなりません。競売に至るまでのスケジュールと、競売を避ける方法についてまとめています。

離婚して住宅ローンの連帯保証人から外れることはできる?

夫婦で家を購入する際、夫が住宅ローンの借入名義人となり、妻が連帯保証人になるというケースもよくあります。しかし、連帯保証人は、名義人に代わって借金を返済する義務を負うなど、重い責任がのしかかります。将来のトラブルを避けるためにも、連帯保証人を外れておくことをおすすめします。

離婚したらペアローンはどうすればいい?

夫と妻、それぞれが住宅ローンを組んでお金を借り入れるペアローン。それぞれがローンの債務者であり、お互いの連帯保証人になるという関係です。離婚しても住宅ローンは残り、その関係は変わりません。ペアローンを組んでいる夫婦が離婚をする際の選択肢には、家を売却する、どちらかが住み続けるという方法があります。

離婚したら、児童扶養手当はいつから?いくらもらえる?

父母が離婚したり、どちらかが死亡・生死不明などの児童を養育している母または父に支給される児童扶養手当。支給金額は前年の所得に基づいて算出されます。手続きをした翌月から支払い対象になるため、離婚が成立したら早めに申請するようにしましょう。

住宅ローンがあるけど離婚したい!できる?

住宅ローンがあるけど離婚したいという場合、ローンを残したままにしておくと、後々、さまざまなトラブルの原因となることがあります。こうしたトラブルを防ぐためには、家を売却してローンを完済するか、法的効力のある「公正証書」を作成して離婚をするか、住宅ローンの借り換えをするという選択肢があります。

離婚時の持ち家はどう財産分与すればいい?

財産分与は、離婚時に、夫婦で積み上げてきた共有財産を公平に分け合うことを認めた制度です。共有財産となるのは、現金、預金、生命保険の積立金、年金、退職金、家、土地、自動車などです。家や土地は物理的に分けることができないため、売却して現金化して分配するか、どちらかが家をもらい、もう一方に相応の現金を渡すのが一般的です。

離婚で家を売るタイミングは離婚前と後どっちがいい?

離婚する場合には、これまで住んでいた家をどうするかといったことを決める必要があります。そこでこちらの記事では、「離婚前の売却がおすすめな人」「離婚後の売却がおすすめな人」というそれぞれのケースについて説明しています。自分達はどちらのケースに当てはまるのか、といった点を考えながらチェックしてみると良いでしょう。

また、離婚にあたって家を売る場合に気をつけることについても紹介していますので、こちらもチェックしてみてください。

住宅ローンが残っている夫名義の家に、離婚後も子どもと住み続けたい

例え離婚した場合でも、これまで住んでいた家に子どもと一緒に住み続けたいと考える場合には、自宅や住宅ローンの名義、また連帯保証人について確認しておくことが必要となります。例えばその家が配偶者名義のものであった場合、さらに住宅ローンがまだ残っている場合などケースによって対応方法が異なってきます。

こちらの記事では、住宅ローンがまだ残っている夫名義の家に住み続けたいといったケースに関する情報をまとめています。

【離婚間近】別居中、勝手に家を売られるケースと対策

離婚間近で別居しているケースにおいて、配偶者に勝手に家を売られてしまうケースにはどのようなものがあるのか、という点について紹介しています。さらに、勝手に家を売られないためにはどのような対策が考えられるかといった点に加え、もし勝手に売却されてしまった場合の対応についてもまとめています。

もうすぐ離婚をするものの、これまで住んできた家にこれからも住み続けたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

離婚時に親名義の不動産を財産分与方法とは

親名義の不動産が離婚時に財産分与の対象になるかどうかは、条件によって異なります。
その条件とは、不動産が親との共有名義であること、土地が親の名義であること、住宅が親の名義であることの3つです。それぞれについて、わかりやすく説明します。
また、親名義の不動産を売却する場合や、土地の貸し出す場合の税金についてもふれています。

新居建築中に離婚するとどうなる

「新築離婚」という言葉があるほど、新居を建設したり購入しようとする中で夫婦仲がこじれ、離婚に至るケースは少なくありません。
なぜ、新居を建てている中でそれほどまでに夫婦仲が悪化してしまうのか、どんな原因が考えられるか紹介します。
また、離婚する場合、家の建築中止は可能か、新居が完成した場合はどのように扱えばいいのかについても説明しています。

離婚時に不動産を慰謝料の代わりに受け取れるのか

離婚する際、その原因を作った側に対して、精神的な苦痛を受けた側は慰謝料を請求することができます。そして、その慰謝料は何も金銭だけに限らず、不動産などの現物も対象とされています。
ずっと暮らしてきた同じ家で、離婚後も子供と一緒に今まで通り暮らしたい場合などには、慰謝料代わりに不動産をもらい受けることもできるのです。
その方法について詳しく解説しています。

離婚時にオーバーローンの不動産はどうする?

離婚に伴って不動産を売却しようとする際に、ローンが完済されていない場合もあるでしょう。この時、家の査定金額をローンの残額が上回っている状態を「オーバーローン」と呼びます。
オーバーローンの場合には不動産を売却したとしてもローンの返却ができないため、対策を検討する必要があります。例えば夫婦のどちらかがその家に住み続ける、また任意売却を行うといった方法が考えられます。こちらの記事では、オーバーローンの調べ方や対処方法についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

離婚時に借金がある場合の財産分与

離婚時に借金がある場合は、借金の目的により財産分与対象かどうかが決まります。結婚生活のための借金(住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなど)は財産分与対象となりますが、個人の趣味・ギャンブル目的の借金は財産分与できません。不動産を売却して借金を返済する場合は、不動産の売却費用を夫婦で半分にすることが前提である点に注意が必要です。分与された金額から借金を返済するようにしましょう。

離婚の際、頭金を入れた不動産はどう分けるの?

婚姻中に住宅を購入する場合、頭金を入れてその残りの金額をローンで支払っていくといったケースも多いでしょう。しかしこのようなケースで離婚する場合には、財産分与においても注意する必要があります。こちらの記事では、「共有財産から頭金を支払ったケース」「片方の特有財産から頭金を支払ったケース」「双方の特有財産から頭金を支払ったケース」について紹介しています。

離婚して夫に家から出ていってもらうには

離婚をすると、婚姻中にはあった同居義務はなくなり、一緒に住む必要がなくなります。例えば財産分与などをより家の名義が妻になっているにも関わらず夫が住み続けている場合には、どのように退去をしてもらえば良いのでしょうか。こちらの記事では、元夫を家から退去してもらうためにはどのようなステップを踏むことになるのかといった点を紹介しています。また、逆に元夫名義となっている家に元妻が住み続けるリスクについてもまとめました。

「元配偶者が行方不明」連絡が取れない場合の対処法

離婚後、元配偶者と連絡が取れなくなってしまうケースがあります。このような場合には、家の売却に相手の同意が必要な場合にも同意が得られない可能性があります。そうなると、通常の売却だけではなく任意売却を行うこともできなくなってしまいます。元配偶者と連絡を取るにはどのような方法があるのかをご紹介していきます。

財産分与の際の不動産の価値はどのように調べたらいい?

離婚をめぐる財産分与では、結婚してから夫婦で購入した不動産を適切な価値で算定する必要があります。お金だけではなく不動産も夫婦の財産である以上、不当な分与にならないよう不動産の基本的な査定方法を確認しておきましょう。

離婚による財産分与で自宅を手に入れる

子供の教育環境や近所付き合いなどの理由で、離婚しても同じ家に住み続けたいと考える人は少なくありません。個別の状況により、それが簡単に実現する人もいますが、中には難しい問題をはらんでいる人もいます。まずは専門家に相談し、最良と考えられる方法を探すようにしましょう。

離婚後に住宅ローン控除を受けられるのかケース別に解説

離婚後の住宅ローン控除の取り扱いについてまとめました。例えば、「離婚後、住宅ローンの非名義人である妻がその家に住み続ける場合に住宅ローン控除は受けられるのか」などさまざまなパターンを取り上げてご説明をしています。

離婚後には住宅ローン控除が受けられるのかが気になっている方は、ぜひこちらのページの内容を参考にしてみてください。

一般社団法人不動産あんしん相談室(R)
不動産トラブルに精通した不動産コンサルタントが
あなたのお悩みを解決に導きます。

競売や任意売却、離婚時の不動産トラブルに精通した不動産コンサルタントが対応、難しい問題を解決!不動産のプロがわかりやすく、丁寧にサポートしてくれます。また、女性コンサルタントも多数在籍。不動産についての知識のない方や女性の方でも、安心して相談できます。
とくに離婚の場合、相手と連絡を取ることを負担に感じる人も多いのですが、一般社団法人不動産あんしん相談室では、両者の間に立って対応してくれるので、直接やりとりをしなくてすみます。誰に相談したらいいのかわからない、時間が不規則で夜しか連絡できないという場合には、LINEを使って、無料で相談することもできます。

お電話での初回30分無料相談
※その後30分毎に5,500円(税込)で対応可

当メディア運営会社情報