不動産を売却する

このサイトは 「一般社団法人不動産あんしん相談室」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

ここでは、不動産を売りたい方に向けて3つの方法をご紹介します。不動産を売るための方法と、それぞれのメリット・デメリット、業者選びのポイントなどをまとめています。

Index

不動産を売るための方法は3つ

仲介のメリット・デメリット

仲介のメリット

  • 売買価格の適正価格がわかる
  • 買取よりも売却価格が高くなる可能性がある
  • 宣伝力が高いので買主候補が増え、よりよい条件で売ることができる
  • 複雑で専門知識を要する契約手続きを代わりにしてくれる

仲介のデメリット

  • 仲介手数料が発生する
  • 短期間での売却が難しい
  • 購入希望者の内覧などの準備や調整を行う必要がある
  • 広告や内覧などにより、売却することが周囲に知られる
  • 契約不適合責任を負う
CHECK
仲介に向いているケースとは?
代表 神田 加奈氏
代表
神田 加奈
離婚時の不動産トラブル問題を解決するプロ
不動産コンサルタント

比較的時間に余裕があったり、時間がかかっても高値で売りたいという場合は、仲介がおすすめ

仲介は、広告を出して買主を募り、買主が見つかってからもローンの審査や契約など、さまざまな手続きを取る必要があるため、売却できるまでに時間がかかります。そのため、比較的時間に余裕があったり、時間がかかってもなるべく高値で売りたいという人におすすめです。

また、築浅物件や立地の良い物件の場合も、買い手がつきやすいので仲介向きです。

一般社団法人不動産あんしん相談室では、全国各地の不動産会社と提携しています。地域を問わず、信頼できる不動産会社をご紹介することができます。

仲介業者の紹介について
一般社団法人不動産あんしん相談室に相談する

CHECK
こんな罠・トラブルには要注意!

仲介の場合、まれに悪徳業者に出会い、トラブルに巻き込まれる可能性があります。法外な手数料を要求されたり、成功報酬以外の報酬があるような場合は要注意です。

仲介で不動産を売却する際の会社選びのポイント

仲介において価格査定は重要ですが、単に査定価格の高い不動産会社を選ぶのは要注意。高い査定価格を出し、先に媒介契約を締結して、売却活動中に値下げを繰り返す不動産会社も存在するため、信頼のおける会社を選ぶことが重要です。

買取のメリット・デメリット

買取のメリット

  • 仲介よりも売却期間が短い
  • 売却価格がすぐ決まるので、住み替えの資金計画が立てやすい
  • 内覧などの対応が不要
  • 広告などに掲載されないため、誰にも知られずに売却できる
  • 仲介手数料がかからない

買取のデメリット

  • 仲介よりも売却価格が安くなることが多い
  • 不動産の状態によっては、買取してもらえないことがある
CHECK
買取に向いているケースとは?
代表 神田 加奈氏
代表
神田 加奈
離婚時の不動産トラブル問題を解決するプロ
不動産コンサルタント

すぐに売却したい場合や、買い手がつかなそうな物件は、買取がおすすめ

すぐに売却したい、現金化したいという場合や、遠方の不動産で売却に手間をかけたくないという場合には買取で売却するのがいいでしょう。

また、仲介に出しても1年以上売れない物件や、築年数が古い、立地が悪いなど、買い手がつきにくい物件も、買取での売却がおすすめです。

一般社団法人不動産あんしん相談室の不動産買い取りでは、戸建、マンション(区分所有)、アパート、共有持分のみ、借地・借家など権利関係が難しい案件の対応も可能です。

また、入札形式を採用!全国1,000社以上の買い取り業者に一斉入札依頼をするため、高く売ることができます

買取のサービスについて
一般社団法人不動産あんしん相談室の公式HPで詳しく

CHECK
こんな罠・トラブルには要注意!

買取で物件を売却しようとしている人は、早く現金化したい、周りに知られずに売却したいなど、さまざまな事情を抱えている人が多いため、足元を見られて、適正価格よりも低い買取価格を提示してくる不動産会社もあります。

また、不動産会社の中には、家の中に不用品を残したまま買取るサービスを行っているところもありますが、買取後に不用品処分費用が請求されるケースもあります。不用品処分を有料で行っている場合、どれくらいの費用がかかるのかを事前に確認しておきましょう。

買取で不動産を売却する会社選びのポイント

買取で売却する際には、複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。1社だけでは、その査定価格が適正かどうかを判断することは困難です。買取は仲介よりも低い価格で売却されることが多いのですが、複数の業者の査定価格を比較してみないと、さらに安く売却することになってしまいます。

売却しようとしている不動産と同じタイプや、同じエリアでの販売実績が豊富な不動産会社を選ぶのがおすすめです。その際、査定価格の根拠も確認し、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット

  • 競売よりも高値で売れるので、住宅ローンの残債が少なくなる
  • 引っ越し費用を確保できる場合がある
  • 引っ越し時期を調整できる
  • 外見上、通常の売買と変わらないので近所に知られずにすむ

任意売却のデメリット

  • 競売にかけられるまでのリミットがあるため、短期間で売却しなければならない
  • 主導権は金融機関にあるため、個人の判断で自由に売却できない
  • 競売に比べて手間がかかる
  • 個人の信用情報に傷がつく
CHECK
任意売却に向いているケースとは?
代表 神田 加奈氏
代表
神田 加奈
離婚時の不動産トラブル問題を解決するプロ
不動産コンサルタント

ローンの返済が難しくなった場合は、競売よりも好条件で売却できる任意売却がおすすめ

ローンの返済が滞ってしまったり、家を売却してもローンが残ってしまうという場合、そのまま放置していると、やがて競売にかけられてしまいます。競売にかけられると、家は市場の5~7割ほどの価格でしか売れず、さらに早急に立ち退きを迫られます。

任意売却は、競売よりも相場に近い価格で売ることができ、引き渡し時期も債務者の希望に沿ってもらうことが可能です。周囲にも、任意売却で売却されることを知られることはありません。

ローンの支払いが困難になった場合、競売にかけられる前に、任意売却など、少しでも良い条件で売却できる方法を選ぶようにしましょう

任意売却のサービスについて
一般社団法人不動産あんしん相談室の公式HPで詳しく

CHECK
こんな罠・トラブルには要注意!

任意売却は不動産取引の一種であり、報酬は仲介手数料のみで、任意売却申請費やコンサルティング料などを要求されることはありません。このような名目で費用を請求する業者には注意しましょう。

任意売却は専門的な法律知識やノウハウを要します。そのため、任意売却を依頼する際は、任意売却の実績が十分にあること、弁護士などの専門家との連携が取れているところを選ぶようにしましょう。

任意売却する際の会社選びのポイント

任意売却をするには、銀行との交渉も必要です。普通の不動産会社以上の金融・法律知識が求められるので、どこでも任意売却を依頼できるとは限りません。任意売却は通常の仲介売却とは違うと思っておきましょう。任意売却の経験・実績が豊富にある、金融機関との交渉力に長けている会社に依頼しましょう。

まとめ:不動産売却で失敗しないコツ

不動産売却において、トラブルに巻き込まれることなく、安心して売却するには、誰に相談するかが重要。

不動産売却は仲介による方法が一般的ですが、買取に適した状況もあります。自分の条件や物件の特性に合わせて、仲介か買取か、よりよい選択を提示してくれる会社に依頼するといいでしょう。

とはいえ…

  • 自分ではどこの会社を選んでいいのかわからない…
  • 仲介、買取、どちらの方法が自分の物件にあっているのかわからない…
  • でも、なるべく早く、より適正な価格で売りたい

とお悩みの方には、当メディアのスポンサーであり監修にご協力いただいた「一般社団法人不動産あんしん相談室」がおすすめです。不動産コンサルタントのプロが相談者の状況に応じて、適切な内容のアドバイスをしてくれます。任意売却の実績も多数あり。全国どこでも対応し、地方の場合は、信頼できる業者を紹介してくれるので安心です。

スポンサー
一般社団法人
不動産あんしん相談室
代表 神田 加奈氏
代表
神田 加奈
離婚時の不動産トラブル問題を解決するプロ
不動産コンサルタント

相談者様にとってよりよい選択肢をご提案できます。

ご相談いただければ、仲介、買取、任意売却、それぞれのメリット・デメリットを加味し、相談者さまにとって後悔することのない選択肢を不動産コンサルタントがご提案します。

戸建、マンション(区分所有)、アパート、共有持分のみ、借地・借家など権利関係が難しい案件の対応も可能。任意売却においても豊富な実績をもち、全国どのエリアからでも相談を承っています。地方の方には、信頼できる業者をご紹介します。

一般社団法人不動産あんしん相談室に相談する

一般社団法人不動産あんしん相談室(R)
不動産トラブルに精通した不動産コンサルタントが
あなたのお悩みを解決に導きます。

競売や任意売却、離婚時の不動産トラブルに精通した不動産コンサルタントが対応、難しい問題を解決!不動産のプロがわかりやすく、丁寧にサポートしてくれます。また、女性コンサルタントも多数在籍。不動産についての知識のない方や女性の方でも、安心して相談できます。
とくに離婚の場合、相手と連絡を取ることを負担に感じる人も多いのですが、一般社団法人不動産あんしん相談室では、両者の間に立って対応してくれるので、直接やりとりをしなくてすみます。誰に相談したらいいのかわからない、時間が不規則で夜しか連絡できないという場合には、LINEを使って、無料で相談することもできます。

お電話での初回30分無料相談
※その後30分毎に5,500円(税込)で対応可

当メディア運営会社情報