離婚で家を売るタイミングは離婚前と後どっちがいい?

このサイトは 「一般社団法人不動産あんしん相談室」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

Index

離婚前の売却がおすすめな方

家の売却が済むまで離婚を待てる

不動産の売却を行うためには時間がかかります。仲介にて家を売却する場合には、売却が完了するまでの目安はおよそ3〜6ヶ月となっており、場合によっては半年以上の時間を必要とするケースもあります。

以上のことから、離婚前に売却をしたいと考える場合には「売却が完了するまで離婚を待つことができる」という点が条件となってきます。売却の完了まで待てるといった場合には、離婚前の売却を検討すると良いでしょう。

離婚後にはやりとりはしたくない

離婚したらもう連絡を取るのは控えたいと考えている場合も離婚前の売却がおすすめです。これば、家の売却にはお互いの同意が必要であるためです。離婚が成立してバラバラに暮らし始めると、何か連絡を取るだけでもスムーズに行えないといったケースもあることから、比較的お互いの同意が得られやすい離婚前の方が、売却について話し合いを進めやすいといえます。

家を売却するためには、思った以上にお互いに連絡を取り合う必要が出てきます。できる限り離婚後のやり取りは避けたいと思っている方、また離婚後は新しい生活をスッキリとスタートさせたいと考えている場合には、離婚する前に家の売却を行うことがおすすめです。

離婚後のトラブルを避けたい

上記でもご説明していますが、家の売却にはお互いの同意が必要です。離婚前にしっかりと話し合いのタイミングを持つことによって、離婚後のトラブル発生を防いだり、もしトラブルが発生したとしても深刻なトラブルに発展するのを防げます。

もし離婚後に家を売却しようとすると、連絡が取りにくくなってしまうことからトラブルに発展しやすくなります。あまりにも問題が解決しない場合には、弁護士に依頼して話し合ったりするといった状況にもなりかねません。

このようなことから、離婚後のトラブルは避けたいといった場合には離婚前に家の売却を済ませておいた方が良いでしょう。

離婚後の売却がおすすめの方

とにかく早く離婚したい

上記でも説明していますが、家の売却には非常に時間がかかりますので、「とにかく早く離婚したい」「家が売れるまで離婚を待てない」といった場合には、離婚してから家の売却を行うことになります。

この場合の注意点としては、離婚後不動産をずっと放置してしまうとトラブルの元になる可能性があるという点です。トラブルに発展しないうちに、早めに家の売却を済ませるようにすることが大切です。

家をできるだけ高く売りたい

これまで住んでいた家を売却する場合「できるだけ高く売約したい」といった希望を持っている場合もあるでしょう。しかし、離婚前はさまざまな手続きや新しい生活の準備などで立て込んでおり、家の売却にしっかりと取り組むことが難しい場合もあります。

しかし離婚した後であれは、家の売却にしっかりと時間をかけられます。できるだけ高く売却できるように、不動産会社ともしっかりと話し合ったりしながら売却活動を進めていけますので、このようなケースにおいては離婚後の売却がおすすめです。

どのようにすれば高く売却できるのかという点については、不動産会社と十分に相談しながら進めていくと良いでしょう。

家を早期に売る理由がなく、離婚後やり取りに抵抗がない

現金が必要・ローンを支払う必要がないといったように、特に家を早く売らなければならない理由もない場合や、さらに離婚後に連絡のやりとりをするのに抵抗がないといった場合には、離婚後に家の売却を行っても問題ないでしょう。

ただし、離婚後はその家に誰も住んでいなかったとしても、固定資産税や都市計画税は支払う必要がありますので、将来的に誰も住む予定がないといった場合には、できるだけ早く売却を進めることがおすすめといえます。

離婚で家を売るときに気を付けること

住宅ローンは完済必須

家の売却を行う場合には、住宅ローンは完済しておく必要があります。もしローンの返済が難しいといった場合には家を売却できないといったケースもあります。

もしすぐ家の売却をしたいものの住宅ローンがまだ残っている場合には、家を売却したお金でローンを完済できるかどうか、といった点をまず確認してください。もし不動産を売却した金額でローンを完済できない場合は「オーバーローン」といわれる状態の場合には、原則家の売却が行えません。こういった場合には、任意売却といわれる方法を選択するといった方法もあります。

財産分与は離婚後に行う

離婚をする場合には、財産分与を行います。この財産分与とは、夫婦が婚姻中に築いた財産について離婚後に分け合うことを指します。財産分与は基本的に「夫婦が半分ずつ」と定められています。

家も財産分与の対象となります。もし、離婚前に売却が完了して手元にお金が入ってくることになったとしても、そのお金を分けるのは離婚後に行うことをおすすめします。

これは、離婚前に財産分与をしてしまうと贈与と見なされるために贈与税が課せられてしまうためです。ただし、離婚による財産分与により取得した財産は、贈与によって取得した財産とは見なされないとされています。このことから、財産分与については離婚後に行うと良いでしょう。

一般社団法人不動産あんしん相談室(R)
不動産トラブルに精通した不動産コンサルタントが
あなたのお悩みを解決に導きます。

競売や任意売却、離婚時の不動産トラブルに精通した不動産コンサルタントが対応、難しい問題を解決!不動産のプロがわかりやすく、丁寧にサポートしてくれます。また、女性コンサルタントも多数在籍。不動産についての知識のない方や女性の方でも、安心して相談できます。
とくに離婚の場合、相手と連絡を取ることを負担に感じる人も多いのですが、一般社団法人不動産あんしん相談室では、両者の間に立って対応してくれるので、直接やりとりをしなくてすみます。誰に相談したらいいのかわからない、時間が不規則で夜しか連絡できないという場合には、LINEを使って、無料で相談することもできます。

お電話での初回30分無料相談
※その後30分毎に5,500円(税込)で対応可

当メディア運営会社情報