住宅ローンのある家を買い取る

このサイトは 「一般社団法人不動産あんしん相談室」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

離婚後も住宅ローンのある家に住み続ける場合、金銭面でのトラブルが発生したら、任意売却しか方法がないと思っていませんか?

Index

元夫名義になっている家を元夫から買い取って、住み続けることができる方法もあります。いまの家にそのまま住み続けたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

住宅ローンのある家を、元夫から買い取る方法

1:住宅の査定をする

現在住んでいる元夫名義の家の売買価格を決めるための査定を行います。元夫婦間での売買となるため、市場相場よりもかけ離れた金額になると贈与とみなされてしまうので注意が必要です。

家の資産価値が住宅ローンの残債を下回っていて、元夫が住宅ローンを完済できない場合には、任意売却なども検討します。

2:住宅ローンの借り換え・名義変更をする

夫から家を買い戻す際に大きなハードルとなる住宅ローン。しかし最近では、妻側に十分な収入がある場合はもちろん、最近では、契約社員やパートでも審査に通る住宅ローンもあります。少しでもいい条件でローンが組める金融機関を選びましょう。

3:自分のものになる

住宅ローンが下りて、売却代金を支払えば、引き渡しが行われ、家の名義が元夫から元妻へと移り、名実ともに妻所有の家となります。今後は、元夫のローンの滞納などの心配をすることなく、安心していまの家に住み続けることができます。

住宅ローンのある家を買い取るのが難しい理由とは?

離婚後、子どもの親権を妻が持つ場合、子どもの学校の関係などから、引っ越しをせずにいまの家に住み続けたいと希望する人はたくさんいます。

離婚の際、妻や子どもはいまの家に住み、慰謝料や養育費の代わりに夫がローンを支払うという取り決めをすることはよくあるのですが、夫が住宅ローンの返済をやめたがったり、減給や離職などで住宅ローンが支払えなくなったりというケースも少なくありません。

こうしたトラブルを避けるため、家の名義を自分に変えたいと考える人も多いのです。

しかし実際は、名義を変更するのは簡単ではありません。その理由としては、婚姻中、専業主婦であったり、キャリアが途絶えていたりして、妻に住宅ローンを組めるだけの収入がなく、住宅ローンの審査が通らないこと、また、収入が十分でも、親族間売買への融資に金融機関は慎重であるため、離婚の予定があったとしても認めてもらえないということが挙げられます。

また、離婚前に元夫と、養育費代わりに住宅ローンを払い続けることを約束したり、公正証書を作成したりして、当然支払い続けてくれるものと思い、安心して離婚したものの、実際は約束が守られなかったということもあるようです。

注目
買い取りをサポートしてくれる会社とは?

住宅ローンのある家を買い取るには、住宅ローンの借り換えなど通常では難しいケースが多いのですが、これらの一連の流れをすべてまるごとサポートしてくれる会社があります。それが、「一般社団法人不動産あんしん相談室」です。

一般社団法人 不動産あんしん相談室
不動産あんしん相談室
引用元HP:一般社団法人不動産あんしん相談室 https://anshin-soudan.net/service2/
ローンの選択肢を増やし、全国の専門家と連携して買い取りをサポート

元夫婦間の不動産売買は難しいとされている中、一般社団法人不動産あんしん相談室では、元夫から家を買い取りやすくするための体制を整えています。

信用情報に支払い延滞などの金融事故情報が残っている場合や、すでに他社からの借入れがあるなど、銀行のローン審査が通らない状況では難しいですが、少しでも好条件で住宅ローンが組めるよう、契約社員や派遣社員、パート、アルバイトでも審査が通りやすい金融機関を集め、さまざまなローンの選択肢を用意。

また、住宅ローン以外の問題にも対応するため、司法書士、不動産鑑定士などの専門家と連携して購入を仲介していますので、ぜひ無料相談を活用してみてはいかがでしょうか。

一般社団法人不動産あんしん相談室を利用!
住宅ローンのある家を買い取るまでの流れ

カウンセリング

まずは、現在の状況、最終的な希望などをヒアリングし、どのような解決法があるか、どのような形にするのがベストかをじっくりと話し合います。

家の査定

離婚後であっても、元夫婦間での売買となるため、贈与にならないよう、相場と乖離しないよう注意して、売買価格を決定。オーバーローンになり、元夫が住宅ローンを完済できない場合は、任意売却などの方法も考える必要があります。

住宅ローンの仮審査

家の売買価格が決まったら、住宅ローンを選びます。できるだけ好条件で融資してくれ、かつ、審査にも通りそうな金融機関を探します。

不動産売買契約

仮審査が終わると売買契約に移ります。家の名義変更はこの時点ではまだですが、手付金の授受や契約書への押印、重要説明事項などを行います。

住宅ローンの本審査

売買契約が終わると住宅ローンの本審査に。審査にかかる時間は2週間前後で、通過すれば家の引き渡しや残代金決済をします。

引き渡し・残代金決済

引き渡し、残代金決済が終わると、家の名義が移ります。登記は提携の司法書士にお願いできます。

スポンサー
一般社団法人
不動産あんしん相談室
代表 神田 加奈氏
代表
神田 加奈
離婚時の不動産トラブル問題を解決するプロ
不動産コンサルタント

一般社団法人不動産あんしん相談室では、離婚における様々な不動産トラブルを解決してきた実績があり、住宅ローンのある家を買い取るための難しい手続きもまるごとサポート。相談者様にとってよりよい選択肢をご提案できます。

一般社団法人不動産あんしん相談室にご相談いただければ、仲介、買い取り、任意売却など、それぞれのメリット・デメリットを加味し、相談者さまにとって後悔することのない選択肢を不動産コンサルタントがご提案します。

全国対応可能
一般社団法人不動産あんしん相談室に相談する

一般社団法人不動産あんしん相談室(R)
不動産トラブルに精通した不動産コンサルタントが
あなたのお悩みを解決に導きます。

競売や任意売却、離婚時の不動産トラブルに精通した不動産コンサルタントが対応、難しい問題を解決!不動産のプロがわかりやすく、丁寧にサポートしてくれます。また、女性コンサルタントも多数在籍。不動産についての知識のない方や女性の方でも、安心して相談できます。
とくに離婚の場合、相手と連絡を取ることを負担に感じる人も多いのですが、一般社団法人不動産あんしん相談室では、両者の間に立って対応してくれるので、直接やりとりをしなくてすみます。誰に相談したらいいのかわからない、時間が不規則で夜しか連絡できないという場合には、LINEを使って、無料で相談することもできます。

お電話での初回30分無料相談
※その後30分毎に5,500円(税込)で対応可

当メディア運営会社情報